「眠れない・・・」それが肥満リスクを高めるかも!?

睡眠不足と肥満の関係について

肥満と睡眠時間は、密接な関連にあるといわれています。
睡眠時間が普段より短くなると、グレリンという食欲を増進する物質が普段より多く分泌されるんです。さらにレプチンという食欲を抑える物質は分泌される量が減ってしまいます。そのため、睡眠時間が足りない日々が続くと少量では満腹感を得られなくなります。
また、寝ている時も脳や体の機能を保つ必要がありますが、コルチゾールというホルモンが体内の脂肪を燃焼させて睡眠中のエネルギーにしているんです。睡眠前にカロリーが高いものを食べてしまうと、このコルチゾールが睡眠中のエネルギーをそこから使ってしまい体に脂肪が蓄積されてしまいます。眠れないことと肥満に悩んでいるなら、睡眠サプリを活用して質がよい睡眠を目指しましょう。

睡眠サプリを選んで、痩せやすい体を目指そう

睡眠サプリを利用して質のよい睡眠をとれば脂肪が燃焼しやすくなるだけでなく、むくみの改善や美肌効果も期待できるんです。
もし眠ろうと思ってもなかなか眠れないという方は、睡眠サプリを使ってみましょう。配合されている成分によって、違った角度から不眠の悩みにアプローチ可能です。
まず、睡眠サプリによく含まれている成分としてテアニンやグリシンがあります。テアニンは入眠をスムーズに促す成分であり、睡眠の質を向上させる効果や疲労感の軽減効果を期待できます。グリシンは深部体温を低下させ睡眠のリズムを整える成分です。この他、アミノ酸やハーブが含まれているサプリもあるので、成分について知ってから自分にあった睡眠サプリを飲みましょう。